今回のテーマは【今の自分】です。

占星術界隈では7月13日の新月・日食から、「食」が続くことが騒がれています。

7月13日・蟹座新月・日食
7月28日・水瓶座満月・月食
8月11日・獅子座新月・日食

日食と月食は、太陽・月・地球の三位一体の位置関係が織りなす天体現象です。

日食が「無意識から意識」への侵食。

そして月食が「意識から無意識」への侵食です。

その皮切りとなったのが13日で、蟹座の位置。

蟹座というのは日常生活や習慣、魂の王国、心のホームなどを象徴する星座です。

もともと私たちの「意志」というのは悲しくなるほど脆弱で、
スタバの看板を見ればコーヒーが飲みたくなり、
セールの赤札を見ればつい財布の紐は緩み、
LINEの通知音が鳴れば自動的に携帯を手に取ってしまう?

そのくらい外部刺激と習慣行動に、自動操縦されながら生きているものなので、習慣行動というのは、無意識の行動です。
そして、今のあなたの人生もこの習慣で出来上がってはいないでしょうか?無意識のエネルギーというのは、私たちの意志決定の力と比べて、圧倒的に大きなエネルギーなのです。

異常に買い物してしまう。
欲望に逆らえない。
流されるように生きてしまう。

無意識の力に「意志」で逆らおうとするのは、無謀な挑戦です。

つまり、セールの札を眺めながら「欲しい」気持ちに逆らって買わないようにするとか、
コーヒーの香ばしい匂いをかぎながら、それを飲まないようにするとか、

そういった行動はほとんど無駄だということ。

その一瞬は我慢できたとしても、数日後に予定の倍の買い物をしてしまったり、
コーヒーどころかマフィンも一緒に食べてしまったり、

我慢を取り返すように行動を急き立てられてしまいます。

ではどうすればいいか?
もう欲望に流されるほかないのか?

習慣とは、「きっかけ」とそれに呼び起こされる「自動行動」で出来ています。

きっかけ「スタバの看板を見たら」
自動行動「コーヒーを買え!」

きっかけ「友達の投稿を見たら」
自動行動「いいねを押せ」

経験や、教育や、広告宣伝によって、私たちは様々な習慣行動を身につけています。

無自覚のうちにそうやって、人生の行動をコントロールされているから、「時間がない」と感じるし、
「私のやりたいことって?」と悩むのです。

この333の会が存在する大きな真意はこの「きっかけ」と「自動行動」の結びつきにまず気がつき、
そしてその繋がりを断ち、別のものに置き換えて行くことにあります。

ここから3連続で続く日食・月食の時期は、無意識化した習慣を見直し、人生のコントロールを取り戻すタイミングに最適です。

人生におけるたったひとつの「責任」。それは自分自身を幸せにすること。
豊かでエレガントな生活は、まず幸せについて自立することからはじまります。

形而上学、スピリチュアルな知恵、そして現実のビジネスを通して。
みなさんの人生に本質的な幸せを感じてもらう時間になればと思います。

主催
寺井瑛海 荒川夕里 あだちまりこ

時間 12:30-15:00

会費
3000円 ランチスイーツ付